コピー機をリースするメリット・デメリットとは

オフィスや事務所・店舗に欠かせないコピー機ですが、最近ではリースが一般的になってきています。

コピー機をリースするメリット・デメリットはどのような点にあるのでしょうか。

まずメリットですが、初期費用がかからないため、資金繰りを楽にできる点があげられます。コピー機を購入すれば、それなりの金額になるため、特に新規で操業を始める会社にとっては大きな出費になります。
借りることで、この分のお金を会社の運転資金に回すことができます。

コピー機のリースの情報が必要な方必見です。

借入れの際の審査も、銀行からの借入れと違ってかなり簡略にされているため、楽に申し込みをすることができます。


リース料金は、もちろん経費として扱うことができますし、月額で契約するため、毎月の経費の把握がしやすくなります。


また、機械を購入すると、会社の資産扱いになるため、減価償却や固定資産税の支払いの手続きが必要になりますが、リースの場合、所有していることにならないため、それらにかかる手続きや費用が不要になります。
反対に、デメリットとしては、ある一定の年数で契約をするため、中途解約がしづらい点があげられます。

どうしても解約したい場合は、残りの期間の金額を一括で支払わなければなりません。
基本的に、契約した時点で長期の支払いが生じることを覚えておく必要があります。

また、代金の中には、税金・金利・保険料などが含まれているため、現金での購入と比べて、支払金額は割高になってきます。

中には、悪質に高い料金を設定している業者もありますので、契約時に代金と、その内訳は必ず確認するようにしましょう。



また、契約時に審査がありますが、通らないこともあります。

評価の高いジョルダンニュース!のお役立ちコンテンツ満載です。

審査の前には「与信審査」というものがあり、これは複数の会社で受けることが可能のため、あらかじめ複数のリース会社の審査を同時に受けておくことをおすすめします。